請求を早めにした方が良い理由とは

血液検査給付金請求は5年延長されて平成34年1月12日まで請求が出来るようになりました。しかし、一次感染者であれば本人の資料のみで問題ありませんが、二次感染者の場合は家族の血液検査なども必要です。二次感染者は将来的に必要資料を集められず、給付金請求が出来なくなる可能性もあります。B型肝炎給付金の請求には、必要書類が必須です。二次感染者の場合、家族の血液検査結果が出せないと、十分な証拠にならない場合もあるので必要資料を出せる間に、給付金請求をしてください。

現時点で給付金請求をしていない人の中には、二次感染者の資料が出せずに請求まで行けなかった人もいます。自分で給付金請求をすると大変で混乱する人も多いのですが、弁護士に依頼することで資料収集も何もかもしてくれるので、依頼人は結果を待つだけです。大変さで請求を遠ざけている人は、弁護士に依頼することを検討しましょう。給付金請求に慣れた弁護士であれば、更にスムーズに請求も進みます。

B型肝炎給付金の請求は、基本的に弁護士に依頼する人がほとんどです。その方がスムーズに行くため、本人の負担が最低限になります。支給条件を満たしていながら、請求をしないのは勿体ないです。自分の身体のためにも、給付金請求を前向きに検討してください。

請求期限が延長された理由とは

B型肝炎B型肝炎給付金の請求期限で、申請を諦めていた人もいるでしょう。しかし、5年の延長措置がされたため、空請求期限で諦めていた人は早めに行動をしましょう。請求期限が延長された理由のひとつとして「請求していない人が多い」というものがあります。平成28年3月現在で3万人ほどの提訴がありましたが、B型肝炎に感染している人は45万人と推計されています。推計から2年経過しているため、統計上ではもっと多くの人が悩まされている可能性も低くありません。

手続きをしていない人、感染を自覚していない人のために国は請求期限を延長したのでしょう。B型肝炎の治療費は自治体によって医療費補助制度がありながらも、自己負担金額は高めで余裕を持って治療出来ない人も少なくありません。しかし、給付金が支給されることで治療にも専念出来ます。

現時点で症状が出ていない「無症候キャリア」の人も、給付金請求を見合わせている人が多いのが事実です。しかし、日常生活に影響が出ないうちに請求をすることで将来発症した時に簡単な手続きで追加給付金を受け取ることが出来ます。今は症状が出ていないからと諦めるのではなく、今だからこそ請求することを検討しましょう。

B型肝炎の給付金請求期限は延長された

集団予防接種による一次感染者と二次感染者は、国に給付金を求めることが出来ます。しかし、給付金の請求には期限があることはご存知でしょうか。当初は平成29年1月12日までとされていましたが、平成34年1月12日までに延長されました。日本では45万人を超える感染被害者がいながらも、平成28年3月時点では提訴者が1割以下の3万人ほどとなっています。

弁護士請求期限が延長されたとはいえ、集団予防接種によるB型肝炎の感染者で給付金が支給される条件でありながら気づいていない人や難しさから請求を諦めている人も少なくありません。B型肝炎の給付金請求は弁護士に依頼するのが一番スムーズに行きます。全国的にB型肝炎給付金を扱う弁護士は多いので、地域問わず依頼することが可能です。インターネットで検索することで、そういった事柄に強い弁護士を探すことが出来ます。

B型肝炎の給付金は、国から発行される「和解調書」を窓口に出すことで申請となります。和解調書を発行してもらうためにも、さまざまな証拠を集める必要があるため、給付金のための取りかかりが遅ければそれだけ支給されるまでに時間がかかってしまいます。しかし、だからといって一般の人では裁判など慣れていないため書類不備などでも和解までに期間を要します。請求期限が5年延長されたと言っても、B型肝炎給付金訴訟は半年~1年かかるため、決して長いと楽観視出来る期間ではありません。期間が延長されたからこそ、迅速に給付金請求を行うべきです。