B型肝炎の給付金請求期限は延長された

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

集団予防接種による一次感染者と二次感染者は、国に給付金を求めることが出来ます。しかし、給付金の請求には期限があることはご存知でしょうか。当初は平成29年1月12日までとされていましたが、平成34年1月12日までに延長されました。日本では45万人を超える感染被害者がいながらも、平成28年3月時点では提訴者が1割以下の3万人ほどとなっています。

弁護士請求期限が延長されたとはいえ、集団予防接種によるB型肝炎の感染者で給付金が支給される条件でありながら気づいていない人や難しさから請求を諦めている人も少なくありません。B型肝炎の給付金請求は弁護士に依頼するのが一番スムーズに行きます。全国的にB型肝炎給付金を扱う弁護士は多いので、地域問わず依頼することが可能です。インターネットで検索することで、そういった事柄に強い弁護士を探すことが出来ます。

B型肝炎の給付金は、国から発行される「和解調書」を窓口に出すことで申請となります。和解調書を発行してもらうためにも、さまざまな証拠を集める必要があるため、給付金のための取りかかりが遅ければそれだけ支給されるまでに時間がかかってしまいます。しかし、だからといって一般の人では裁判など慣れていないため書類不備などでも和解までに期間を要します。請求期限が5年延長されたと言っても、B型肝炎給付金訴訟は半年~1年かかるため、決して長いと楽観視出来る期間ではありません。期間が延長されたからこそ、迅速に給付金請求を行うべきです。