請求を早めにした方が良い理由とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

血液検査給付金請求は5年延長されて平成34年1月12日まで請求が出来るようになりました。しかし、一次感染者であれば本人の資料のみで問題ありませんが、二次感染者の場合は家族の血液検査なども必要です。二次感染者は将来的に必要資料を集められず、給付金請求が出来なくなる可能性もあります。B型肝炎給付金の請求には、必要書類が必須です。二次感染者の場合、家族の血液検査結果が出せないと、十分な証拠にならない場合もあるので必要資料を出せる間に、給付金請求をしてください。

現時点で給付金請求をしていない人の中には、二次感染者の資料が出せずに請求まで行けなかった人もいます。自分で給付金請求をすると大変で混乱する人も多いのですが、弁護士に依頼することで資料収集も何もかもしてくれるので、依頼人は結果を待つだけです。大変さで請求を遠ざけている人は、弁護士に依頼することを検討しましょう。給付金請求に慣れた弁護士であれば、更にスムーズに請求も進みます。

B型肝炎給付金の請求は、基本的に弁護士に依頼する人がほとんどです。その方がスムーズに行くため、本人の負担が最低限になります。支給条件を満たしていながら、請求をしないのは勿体ないです。自分の身体のためにも、給付金請求を前向きに検討してください。